The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

095

竹のみみかき+極細箸+嵯峨・四角箸

キッチン雑貨
箸・楊枝
 紀元前から竹を利用していた日本人。主に建築用材として利用していましたが、14世紀に茶道文化が花開き、茶道具の素材として使われるようになると、「竹」の地位は高くなりました。木に比べて繊維がしなやかで強い――そんな特性を活かしたのが、「極細箸 白竹」と「竹のみみかき」です。「極細箸 白竹」は、箸先が1.3mmと大変細く、魚の小骨なども取りやすくなっています。細身で上品な形は箸を持った人の所作も美しく見せてくれます。「竹のみみかき」は、京都産の竹を使った耳かきです。いずれも国宝や文化財建築の補修作業などにも多く携わる京都の工房で、高い竹加工技術を持った職人が丁寧に作っています。人の手で削ったとは思えない繊細な仕上がりに驚くはずです。
関連商品
PageTop