The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

067

黒被万華様切立盃

キッチン雑貨
グラス・カップ
 “日本のカットグラス”を代表する「江戸切子」。その由来は1834年頃に江戸大伝馬町の地で職人がガラスに彫刻を施し始まったとされています。その技法を受け継ぎ、若くして伝統工芸士に選ばれたのが「堀口切子」の三代秀石、堀口徹です。伝統を重んじながらも革新的な表現に挑戦するその作風は、先鋭デザイナーの新たな視点を得て、一つの作品へと結実しました。グラス自体の魅力だけでなく、バーなどのシックな空間にも馴染むよう設計されたデザインは、使う楽しみと心の豊かさをもたらしてくれるもの。溜め息が出るほど美しい精妙なカッティングは、グラスを揺らすたびプリズムのように反射して、まばゆい光を放ちます。
関連商品
PageTop