The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

ACTIVITIES

NEWS2015.09.05

パリ・デザインウィーク期間中、The Wonder 500認定商品をメイン会場・ショップ・バーで紹介

フランス・パリで開催されるPARIS DESGIN WEEK(開催期間:9月5日〜9月12日)にThe Wonder 500プロジェクトは、運営会社であるSAFIおよびショップ・バーとのコラボレーション企画として認定商品(約200点)をバイヤー・プレス・消費者向 けにご紹介します。

 

———————————————————-

名称:PARIS DESGIN WEEK 2015

日時:9月5日(土)〜9月12日(土)

概要:パリ市内の様々な店舗やイベントスペースにて、家具、装飾品、ファッション、グルメ、アートの展示・販売が行われる一般参加型イベント。

イベントURL:http://www.maison-objet.com/fr/paris-design-week

出店社数:約250社(2024年実績)

来場者数:17,000人(2014年実績)

展示会場:

1) パリ企画1:now! le Offメイン会場

2) パリ企画2:ショップ(10店舗)

3) パリ企画3:バー(4店舗)+10周年パーティー(1店舗)

取扱認定商品:211点

取扱商品選定方法:

インフルエンサーやショップ・バーの担当者が500認定商品から自身のショップで取り扱いたい商品を選定。

———————————————————-

 

【パリ企画1:インフルエンサーによるセレクト商材の展示】

概要:「PARIS DESIGN WEEK 2015」の一環として行われるイベント“now! le off”において、各分野で活躍する日仏の有識者(インフルエンサー)が選択した約60商材を展示。

場所:Les Docks –Cité de la Mode et du Design(now!le Off メイン会場)

住所:34, quai d’Austerlitz,Paris

 

インフルエンサー(敬称略):

<作家>

氏名 略歴
Amélie Nothomb(アメリ・ノトン) ベルギーの作家。幼少期を日本で過ごす。代表作である1999年発表の自伝的小説 « Stupeur et tremblements » (邦題:畏れ慄いて)はベストセラーになりアカデミー・フランセーズ小説大賞 (le Grand Prix du Roman de l’Académie française)受賞。2014年には、フロール賞(le Prix de Flore)受賞の小説«Ni d’Ève ni d’Adam»を原作とした映画« Tokyo Fiancée»が公開。その他今までの彼女の偉業に対しジャン・ジオノ大賞(le Grand Prix de Jean Giono)受賞。
関口 涼子(セキグチ リョウコ) パリ在住の作家、詩人、翻訳家。日本語とフランス語における執筆活動を行う。2012年にフランス政府シュバリエ文化芸術勲章を受賞。現在、フランスBD作家Florent Chavouetと新作の執筆中。

<デザイナー>

氏名 略歴
Frédérique Morrel(フレデリック・モレル) パリのデザイナー。家具などインテリアグッズにニードルポイント刺繍を施した作品で有名。日本では、2013年に南青山で展覧会を開く。フランス国内だけでなく、ミラノ、ブリュッセル、ロンドン、ニューヨークなどでも展覧会を開くなど、国際的に活躍している。
奥山 清行(オクヤマ キヨユキ) 日本の工業デザイナー。フェラーリ専属デザイナーとしてイタリアで活躍後、独立。山形と東京を拠点に Ken Okuyama Designブランドで日本の伝統工芸技術とコラボし数多くのプロダクトデザインを手がける。

<ジャーナリスト>

氏名 略歴
Natasha Polony(ナターシャ・ポロニ) パ リ在住のジャーナリスト、エッセイスト。フィガロ社で働いた後、France 2チャンネルのトーク番組「On n’est pas couché」、Canal plusチャンネルのニュース番組「Le Grand Journal」に出演。現在では、ラジオ局Europe 1にて、討論番組「Médiapolis」司会を勤める。
中村 江里子(ナカムラ エリコ) パリ在住のタレント。自らの名前を冠した雑誌を発行するなど、そのライフスタイルは多くの日本の女性から支持を受けている。

<シェフ>

氏名 略歴
Pierre Gagnaire(ピエール・ガニェール) フランス料理家。パリにミシュラン3つ星レストラン「Pierre Gagnaire」を持つ。現在は、東京、香港、ドバイ、ソウル、ラスべガスにレストランを持つ。
田中 淳(タナカ アツシ) パリ在住の今フランスで注目されている若手フランス料理家。パリにレストラン「Restaurant A.T」を持つ。雑誌などのメディアに多数取り上げられている。

<漫画家>

氏名 略歴
Florent Chavouet(フロラン・シャヴエ) フランスBD(バンドデシネ:フランスの漫画)作家。2009年に、自身の東京旅行の際のイラストを集めた「Tokyo Sanpo」をフランスにて出版(「Tokyo Sanpo」は、後に「東京散歩」という題名で2012年に日本でも出版される)。続けて、2010年には、岡山県の真鍋島での滞在を綴った「Manabé Shima」を出版。彼の最新作「Petites Coutures à Shioguni」は、フランスのアングレーム国際漫画賞にてFauve Polar SNCF賞を受賞。
荒木 飛呂彦(アラキ ヒロヒコ) 漫画家。代表作は87年から連載がスタートした『ジョジョの奇妙な冒険』。その精緻な画法と圧倒的な画力で25年以上の長期にわたり世界中に熱狂的なファンを持つ。2009年にはルーヴル美術館で フルカラー読切作品が展示された。

<ショップ(ディレクター)>

氏名 略歴
Colette(Sarah Andelman/サラ・アンデルマン) 世界の最先端モード・デザインが集結するパリで最も有名なセレクトショップColette。彼女は世界のトレンド発信地として世界中よりファンが訪れるこのショップのオーナー兼クリエイティブディレクター。
SIMPLICITY(緒方 慎一郎/オガタシンイチロウ) SIMPLICITY 代表。海外でも数々のデザイン賞受賞の紙の器WASARAクリエイティブディレクター。現代における日本の文化創造」というコンセプトのもと、和食料理店 「八雲茶寮」「HIGASHI-YAMA Tokyo」、和菓子店「HIGASHIYA」、プロダクトブランド「Sゝゝ[エス]」などを展開。

 

 

【パリ企画2:Parcours Japonais(ジャパニーズコース)】

概要:「PARIS DESIGN WEEK 2015」に参加する10箇所の有名セレクトショップにて、約120商材を展示・販売を行っています。

場所:
map1
① Atsuko Matano (64 rue du Temple,75003 Paris)

② Bernardin (9 rue des Quatre-Vents,75006 Paris)

③ Bienvenue (7 rue d’Hauteville,75010 Paris)

④ Bows & Arrows & Sons (20 rue de Picardie,75003 Paris)

⑤ Discover Japan (12 rue Sainte-Anne,75001 Paris)

⑥ Maison Wa (8bis rue Villedo,75001 Paris)

⑦ Tabio marais (15 rue Vieille du Temple,75004 Paris)

⑧ UNIQULO LE MARAIS (39 rue des Francs Bourgeois,75004 Paris)

⑨ Maison Aimable (16-18 rue des Taillandiers,75011 Paris)

⑩ FLEUX (39+52 rue Sainte-Croix-de-la-Bretonnerie,75004 Paris)

 

 

【パリ企画3:Parcours Kikizaké(利き酒コース)】

概要:「PARIS DESIGN WEEK 2015」期間中、パリの3軒のバーおよび1軒のレストランで、日本のお酒(日本酒、焼酎、梅酒、ワイン等)約13商材をお楽しみいただけます。

場所:
map2
① Lockwood (73 rue d’Aboukir,75002 Paris)

② Minato (5 rue de Louvois,75002 Paris)

③ Sherry Butt (20 rue Beautreillis,75004 Paris)

④ Sous les Cerisiers (12 rue Stanislas,75006 Paris)

 

以上。

PageTop